teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:河崎  投稿日:2011年 2月20日(日)11時31分17秒
   お礼の為に書き込みさせていただきました。私はみ言葉を調べるに当り非常に便利で使いやすかったものですから、検索でかなり使用させていただきました。私はみ言葉を調べる動機は信一様との出会いがあったからです。

 どうしてもこの方のことを知りたいと思い聖進様のこと、1943年からの聖進様のお母様のこととか、聖進様と東淑様の祝福とか色々調べさせていただきました。重要なところは見ることができないのが残念でしたが、それでもかなり勉強させていただきました。

 信一様とは5年間お付き合いさせて頂いています。ロスに住んでおります。これからも利用させていただきます。とりあえずお礼を申しあげたく投稿いたしました。有難うございます。本部の広報部部長太田朝久氏とは、80年代に修練会で共にスタッフで頑張っておりました。
 
 

<訂正> Yahoo!オークション「原理原本」は偽者です。

 投稿者:林正一  投稿日:2008年 9月15日(月)06時19分31秒
  訂正させて下さい。

> これは「原理解説」の原本です。

これは間違いで、劉孝元先生による「『原理原本』の写本」のようですね。
「『原理原本』の原本」でないのは勿論のこと、「『原理解説』の原本」でもないようです。

劉先生が入会当初「原理原本」を借りて何度も写本されたというお話ですから、それではないでしょうか?
御ホームページ中の次の部分に第1頁の画像がありますが、それを見ると「一から全存在へ」と書いてありますから、これは「原理原本」の文章ですね。


---------------------------------------------------------------------
2006.07.10  【お尋ね】
Yahooオークション「劉孝元先生の直筆なる「原理原本」について」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/otazune/wanted.html

ヤフーオークションに出品されている劉孝元先生の直筆なる「原理原本」と言うものと一緒の参考資料としてUPされている書籍ですが、この本はどのようなものかご存知の方おられますか? ご存知であれば是非教えてください。
---------------------------------------------------------------------
 

「詩篇」第六八篇四節のヘブライ語原本

 投稿者:林正一  投稿日:2008年 9月 7日(日)20時44分17秒
  旧約聖書の「詩篇」第六八篇四節のヘブライ語原本を調べてみたい方は下記を

へプライ語聖書対訳シリーズ33 『詩編Ⅱ』
 ミルトス・ヘブライ文化研究所 〔編〕
http://myrtos.shop-pro.jp/?pid=9165520
 

中村牧師による再臨主の証明

 投稿者:林正一  投稿日:2008年 9月 6日(土)21時58分25秒
  中村信一牧師の証し「建者は破者を凌駕す」について
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/akasi/shinichi-nakamura.html

この中に中村牧師が生前、「旧約聖書の中に御父様が再臨主であることを証明する預言がある」と証ししておられた内容が掲載されております。

----------------------------------------------------------------
文先生が究極の救い主であるかどうかは、聖書にその根拠を求めざるを得ません。その秘密を聖書から見つけることができたとき、それはどれほどの喜びであったでしょうか。

 旧約聖書の「詩篇」第六八篇四節には、次のように記されている箇所があります。

 「神のみまへにうたへ その名をほめたゝへよ乗て野をすぐる者のために大道をきづけ かれの名をヤハとよぶ その前によろこびをどれ」

 上記の文は、文語体ですが、口語体のある聖書の訳は、次のようになっています。

 「神にむかって歌え、そのみ名をほめうたえ。雲に乗られる者にむかって歌声をあげよ。その名は主、そのみ前に喜び踊れ」

 同じ箇所でも、このように訳が違うのです。わたしは学生時代、ヘブライ語を学んでいたため、なぜこのように訳が異なるのかが、よく理解できるのです。

 前述した文語体の「野をすぐる者」とは、「荒野(路程)を勝利した者」という意味ですが、ヘブライ語では、「雲に乗ってくる者」と同じ言葉なのです。ですから、来臨のメシヤは、「荒野路程を勝利されるかた」でもあられるという解釈ができるのです。
----------------------------------------------------------------


ところで文語体旧約聖書の「詩篇」第六八篇四節の部分は誤字ではないかと思われた方もおられるのではないかと思いました。
この部分を実際に文語体聖書で見ると正にその通りの書き方がされております。

文語訳舊約聖書 - 詩篇 第64篇4節
http://bible.50webs.org/meiji/psalms_12.html

そこで適当なところに段落を付けてみました。

---------------------------------------------

神のみまへにうたへ その名をほめたたへよ

乗(のり)て 野をすぐる者のために 大道をきづけ

かれの名をヤハとよぶ その前によろこびをどれ

---------------------------------------------
 

ご指摘ありがとうございます。

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 9月 2日(火)22時52分19秒
  早速修正させていただきました。キャッシュに残っているかもしれませんので、
目次の部分を再呼び込みしてからリンクをクリックして接続ください。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/akasi/sinkousyuki/index.html
これからもよろしくお願い申し上げます。(^^;

http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/akasi/sinkousyuki/sinkousyuki_11_3.html

 

信仰手記を読んでいて

 投稿者:奥村メール  投稿日:2008年 9月 2日(火)16時45分1秒
  信仰手記F221-3 前もって知り、前もって呼ばれて 元生金さんの内容が、F181イムキュームンさんの中身になっています。

たまにはこういうこともあるんだなと、ちょっと顔が緩みました。

貴重な多くの内容を分け隔てなく分かち与えられる大きな心に感謝しています。
 

「原理原本」にサインされる(2008.5.20)

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 8月 3日(日)12時45分34秒
  1951年から52年にかけて文総裁が自ら執筆された「原理原本」全5巻が、韓国・天正宮博物館に
納められました。写真は、5巻すべてに特別なサインをされた文総裁。
(5月20日韓国・天正宮博物館)グラフ新天地2008年7月号17ページ掲載より

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/nisikawa/index.html

 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 7月21日(月)08時52分25秒
  日本宣教50周年記念大会時の西川勝先生からの記念サイン
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/nisikawa/index.html#002

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/nisikawa/index.html

 

日本伝道の記録

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 7月19日(土)06時42分9秒
     西川先生の日本伝道の記録は日記として残されています。
1958年・昭和33年5月30日から始まる日記、メモ。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/gokutyu_nikki.html
刑務所中の様子を綴る日記。
紙は、ちり紙(鼻紙)に鉛筆書き。裏表を使用している
触れば崩れそうな、ちり紙(鼻紙)に綴られた獄中での出来事。
1959年10月2日から始まる伝道日記、この日が日本統一教会の
創立記念日となる。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/nisikawa/
 

中和新聞を読み、保存しよう!

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 7月 6日(日)19時45分20秒
  「み言に学ぶ天一国生活」中和掲載分(2004.5.1~2007.12.1)61回分
をUPしました。
  http://www5b.biglobe.ne.jp/~yi1800/mikotobanimanabu/

 4年間にまたがる連載で、光言社からは「天運を呼ぶ生活」で出版されています。
  http://www.kogensha.com/products/books/16283.html

 皆様中和新聞読んでますか? 以外や以外、資料性もあり、み言も摂理的内容ありで
役立ちます。その為にはファイルしてバックナンバーをシッカリ保管管理しましょう。
教会でいつでも読めるよう新聞を綴じるようにしましょう。意外と保存されていないですね。
中和新聞のバックナンバーの写真~

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/sato/tyuuwa_photo.html

 

原理解説について

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 7月 6日(日)16時12分3秒
  原理解説 左から、韓国(初版:原理解説)
     中:日本語・原理解説(初版:謄写版タイプ印刷)
     右:日本語・原理解説(活版印刷)
 

原理原本について

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 7月 6日(日)15時33分15秒
  原理原本は鮮文大学図書館の資料室に厳重に管理されているとの事です。
画像はファミリー2001年2月号、2001年12月号の表紙を飾りました。
 

☆祝「信仰と生活第四集 先生の歩まれた道」出版30周年☆彡

 投稿者:林正一  投稿日:2008年 7月 4日(金)20時29分40秒
  大変遅ればせながら祝辞と感謝を

●統一教会史上最初の主の路程
「信仰と生活・第四集 先生の歩まれた道」について
http://tm1800.hp.infoseek.co.jp/sinkoutoseikatu_4_1_txt.html

 「主の路程」、「御父様の路程」、「血と汗と涙」、「統一教会史」、「先駆者の道」、
「文鮮明先生を中心とする現代の摂理」、「真の御父母様の生涯路程」…と、
講義や書籍によって伝承されて来たいわゆる「主の路程」は、1976年迄は公式に出版された
本はありませんでした。公式的には韓国に於いて1978年10月14日に成和社が出版した、

 ★「統一教会史(上巻)」(A5版 全117頁)

これが最初とされております。
 しかし実はこの本に先立つこと一年余り「日本の若い食口達」によって統一教会史上初めて
正確な記録をもとに体系化された本が1977年8月20日に日本の原研出版局より出版されており
ました。それが、

 ★「信仰と生活 第四集 先生の歩まれた道」(A5版 全249頁)

であります。この本に対する御父様の御言葉は、

 ★「最近、日本で、私の幼少期、学生時代からの年代記を編纂する試みがありました。
  日本の兄弟がよき心情の動機から、私の業績と生涯を世界の人々に紹介したいと
  思ったのでしょう」 (「苦難と涙」1978年3月1日ベルベディアに於いて)

  引用部分へ
 (「が、私は、自分の存命中には、まだ、その種の本を公式的には。
  生きている間は、すべてを見えない背後に秘めておきたいのです。
  それが真に価値あるものであれば、私の死後、神がそれを明かされるでしょう。
  その方が、はるかに価値あることではないでしょうか。」
            「苦難と涙」1978年3月1日ベルベディアに於いて)

 しかしその直後御父様はこの「信仰と生活 第四集 先生の歩まれた道」を一次資料として
正式に韓国での「統一教会史」出版を命じられたのです。

 これまでに様々な「主の路程」が出版されてきましたが、それら全てを読んでみても、
「信仰と生活 第四集 先生の歩まれた道」にしか書かれていない重要なエピソードがあります。

 この本こそ後々の「統一教会史」体系化の原点であり、「主の路程」講義の原点であります。
この本のお陰で多くの食口が勇気付けられ、死に掛かっていた魂が蘇らせられてきました。

 この本の出版に尽力された「日本の若い食口達」こと、鶴谷稔さん、井口康夫さんを中心と
する'77当時の原研出版局の皆様に篤く御礼申し上げます。大変遅ればせながら、

☆「信仰と生活 第四集 先生の歩まれた道」出版30周年おめでとうございます☆彡

                        祈り    2007年8月20日
 

Yahoo!オークション「原理原本」は偽者です。

 投稿者:林正一  投稿日:2008年 6月27日(金)22時40分45秒
  こんにちは。
鶴谷さんはとっくにお気づきのことでしょうが、未だ騙される食口が多くいらっしゃるようですので。

Yahoo!オークション
「統一教 原理原本 劉孝元直筆(本物)+血統復帰資料 値下げ!」
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/80296755

これは明らかに偽者ですね。5年前UCMLでも話題になりました。
先ず劉協会長が書かれた原理原本とは何でしょうか?

本来、御父様が書かれ、その後御弟子さん方が写本されたということでした。
劉先生も入教当初、原理原本を借りて何度も写本されたという話はありますが。
御父様が直接書かれた原理原本は盗難にあったままだそうですがその後は?

5年前の時点で他のどこかにもこの写真が出ていたこともあり、私もよく考えもせず、
疑わずそのまま信じておりました。今頃調べて即、偽物であることが分かりました。
何せ出品者自身が証明しているのですから。

このホームページの写真3枚のうち、一番下の写真は朴正華著「六マリアの悲劇」の
頁と対照して証明したつもりのようです。これで出品者自らが「偽物」であることを
証明しております。「六マリアの悲劇」は私も持っていたのですが、当初よく見て
おくべきでした。

今この本を良く見てみると「原理解説」の頁にある写真であり、写真の下にも
「原理解説」と書いてあります。これは「原理解説」の原本です。この出品者は
「原理原本」と「原理解説」、「原理講論」の区別もつかない人物のようです。

劉協会長が書かれた原本と言えば、「原理解説」か「原理講論」のことですね。
考えれば即気付いた筈でした。お恥ずかしい。
 

RE:真理のご紹介

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 6月 3日(火)21時28分3秒
  先ほど「真理のご紹介」なる書き込みをされた方がおられますが、管理者権限にて削除しました。
今後、この類の書き込みは禁止させていただきます。紹介されたページのFlashも素人では手に負
えない、一度スタートし出すと止まらない、戻れない悪質な設定です。この様なページを紹介する
こと自体非常識と考えます。
 

祝御還暦

 投稿者:田代正一メール  投稿日:2008年 5月15日(木)09時13分9秒
  御還暦おめでとうございます。
アルバム拝見いたしました。
さすが人望厚き尊兄ですね。
40年前の文京ホーム時代、巣鴨のホーム時代、東大赤門前の本郷のホーム時代、
偶然会ったドイツのカンベルグの修練所等々、懐かしく思い出しました。
ご自愛あって長生をお祈りいたします。
敬具
 

はじめまして

 投稿者:なかち  投稿日:2008年 4月12日(土)09時34分30秒
  天一ネットから来ました。

すごい情報量で驚きました。

これからよろしく願いします。
 

私だけでしょうか

 投稿者:トンネルマン  投稿日:2008年 2月22日(金)08時50分40秒
  接木の表現について
平和のメッセージに出てくる「真の父母の血統の根に接木されなければなりません」というう表現ですが
原理講義などで説明する接木や昔のみ言葉の接木の表現が違います
甘柿・渋柿の実際は後者の説明です
どうでしょうか
 

どう思われますか

 投稿者:トンネルマン  投稿日:2008年 2月 6日(水)07時27分31秒
  以下911陰謀説関連の動画です
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=711104
http://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=CDD35AF4AD0372EB74BEFE40D7F508E6?movie=591811
一連の情報を良く見ていくと、UCとの関連を指摘するものがたくさんあります
食口の立場で見ていてもなぜロックフェラーの持ち物である国連で大会や祝福を行うことができるのか?ウチのメディア、W・T世界日報などで真相究明の論調を張らないのか?
など、確かにいわゆるCFR・フリーメーソンなどといわれる世界の支配階級といわれるものと関係があるのではないかと考えるようになりました。
国時会長が最近話されている、蒋介石とお父様の関係の検証の話の中で、日本留学時代に島津家島津タダシゲ公爵の秘書として日本の中枢に入っておられたと聞いております。ある説によればこの島津家はいわゆるユダヤ血統であり特別の支配階級であります。
お父様のなされる摂理は表と裏がありますが、今回この911事件を通して、全てが公になると感じています。
 

野村健二先生の著作

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 2月 4日(月)11時15分14秒
   「浅見教授の批判に答える」、「森山牧師の批判に答える」野村健二著
 これらの著書での野村先生の創造原理と堕落論の観点は拉致監禁問題の解決
と大きくかかわる問題と感じます。
 聖書的に責めてくる反対牧師の矛盾点を克服する内容があり、むしろ矛盾点
を暴き出しています。
 ずいぶん昔に書かれた内容ですが、今こそ勉強しなおす内容と思われます。
 http://malsm.moo.jp/asamihihan_kotaeru/
 http://malsm.moo.jp/moriyamahihan/
 

批判書に対する反論する書籍

 投稿者:管理人  投稿日:2008年 1月27日(日)22時01分43秒
  浅見教授の批判に答える <ニュー・パラダイムとしての統一原理> 野村健二(1989.5.20)
http://malsm.moo.jp/asamihihan_kotaeru/
偽預言者の終焉 <浅見定雄氏の批判に答える>─ある左翼神学者こそ偽預言者である! 渡辺勝義
http://malsm.moo.jp/niseyogensyano-syuen/
拉致・監禁に備えて〈信仰の自由を守るために〉鳥海豊(1994.4.15)
http://malsm.moo.jp/kankinnisonaete/
統一教会批判へのワンポイント反論 末吉重人(1994.7.15)
http://www2s.biglobe.ne.jp/%7Etsurugai/private/wanpointo-hanron/
統一教会のメシア観 なぜ文鮮明師はメシア(再臨主)なのか <ユダヤ教のメシア観・キリスト教のメシア観> 渡辺勝義
  第二部 統一原理批判に応える 神学博士 神明忠昭(1994.1.30)
http://malsm.moo.jp/private/mesiakan/

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/jyunannogenba/

 

受難の現場 統一教会受難とその真相

 投稿者:管理人  投稿日:2007年12月24日(月)16時50分0秒
   統一教会の受難は日本に始まった事ではありません。
 文鮮明先生の個人時代から、教会創立初期、以来半世紀。多くの誤解と偏見で
今日まで来ました。
 その初期の記録が「受難の現場」に収録されています。
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/jyunannogenba/

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/jyunannogenba/

 

最近まだ拉致監禁、改宗問題が起こっているようです

 投稿者:管理人  投稿日:2007年11月27日(火)23時48分22秒
  最近まだ拉致監禁、改宗問題が起こっているようです。
 反対派の執拗な手口は今まで多くの出版物で暴露されているのですが、多くの兄弟は自分の身に降
りかかるまで気が付かず、本を読む間もなく巻き込まれてしまうのが実情のようです。教義の問題、
聖書の内容、ウワサ、歴史、あらかじめ知っていればその術中にはまることはないのですが、ある意
味で勉強不足、指導不足は否めません。
 一度基本問題に目を通して見ては如何でしょう。
-------------------------------------------------------
以下の書籍は、「反対牧師による拉致、監禁、改宗の追求」に有効な参考資料となります。
■「統一教会の正統性」 聖書学的な観点からの論証 太田朝久
 (統一教会信徒、拉致監禁・改宗問題)(1993.6)
■「原理講論」に対する補足説明 聖書と統一原理原理《増補改訂》 太田朝久(1996.5.10)
■統一教会批判へのワンポイント反論 末吉重人(1994)
■浅見教授の批判に答える 野村健二(1989)
■森山牧師の批判に答える 野村健二 (1989)
■続・森山牧師の批判に答える 野村健二
■統一教会の検証 魚谷俊輔 (1999)
■統一教会VSマスコミ 統一教会広報部編 (1993)
■統一教会に疑問を抱くあなたへ 野村健二 (1993)
■拉致監禁に備えて 魚谷俊輔 (1994)

【関連書籍】〈拉致・監禁・強制改宗・反対牧師・反対運動・脱会商法〉…を赤裸々に暴露します!
■「人さらいからの脱出」 違法監禁に二年間耐えぬいた医師の証言
 小出浩久 (拉致監禁・改宗問題)(1996.11.2)
■「強制改宗」 引き裂かれた信教の自由 (1993.6.1)
■「監禁二五〇日証言『脱会屋』の全て」 鳥海豊 (1994.5.25)
■「拉致監禁百二十日」 川嶋英雄 (1996.4.1)
■「知られざるら致・監禁の現実 ロイヤルコーポ505号室」
川嶋英雄 (1996.4~1998.7)中和新聞掲載
■「私は拉致・監禁された!」
統一教会員の「信教の自由」「基本的人権」を奪う牧師の実態(1988.7.20)
 

TOPページをいじってみました

 投稿者:管理人  投稿日:2007年10月22日(月)23時36分6秒
  心境の変化で色を無くしてみました。今までが派手派手すぎたでしょうか。
年相応の頁というんでしょうか、色でごまかすより、内容が問題だと言う事で
自戒を込めて取り合えず表紙だけですが、、、
 

天のお父様から英国教会長婦人(ドリス・フォーム)への啓示

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年10月 8日(月)00時11分12秒
  <天のお父様から英国教会長婦人(ドリス・フォーム)への啓示>

 これが最後だ。もう他に機会はない。あなた方にも世界にもあなた方が私を見捨てた世界はない。
私を見捨てるな。私の胸は深く痛む。あなた方が心から許すものは私も許す。私の心があなた方と一
つになる為である。

 私の許せないものは何もない。どうかあなた方の心を広く開きなさい。私がその中に宿ることがで
きるように。そうすればもはや暗闇は消え、光のみに満たされる。

 その光は溢れて死と瀕死の世界に届き、新しい世界が霊界、地上界において成されるであろう。そ
の世界は真に美と平和と歓喜と満足のある所であり、人間のかつて創らなかった世界である。

 常に私が住むことができ、罪も飢えも渇きももはや二度とあなた方を襲うことはない。私の民は霊
の飢えと渇きの為に死に瀕している。これは私にとって肉的飢餓よりも忌むべきものである。あなた
方に出来る事で、私の一人息子と一人娘に世界を与えること以上に大いなることはない。それは同時
に私に世界を与える事になるからである。二人は私の中にあり、今日まで真っ暗闇の中で目も見えず、
つまずきながら来た私であるが、私の息子はついに私の心に新しい出発と希望を与えてくれた。

 私の姿はあたかも失われた子供達を捜し求めながらも見つける方法を知らず、暗闇の荒野に踏み迷
っている一人の父親の様であった。私の大切な息子は私があなた方に住み、あなた方が私に住むとい
う新しい希望に私の目を開いてくれた。それがあなた方にわかるだろうか。

 私の目はあなた方の罪によってつぶれてしまい何も見る事が出来なかった。これが私がイエスを十
字架で見捨てた理由である。その時私は、これ以上何も見ることが出来なくなってしまった。あなた
方ももしあの様に自分の子供が残酷に殺される場にあったとしても、見つめていられるか。人間が私
の目から光を奪ったので私は見ることが出来なくなってしまった。

 あなたの息子がもしあれほどに残忍であったなら、それでもあなた方はその顔を見たいと思うか。
私はあなた方全ての父親ではないか。

 それだのに、あなた方は私を召し使いか、あなた方の傷を治す医者のように扱っている、なぜ私の
傷と盲目とを治してくれないのか。そうすれば私はあなた方を見ることが出来、この様な恐ろしい痛
みを去らせ喜びを感じることが出来る、私は人類を創造した瞬間を思い浮かべることが出来る。

 ああ、その記憶こそ私の霊に喜びと平安をもたらしてくれる。あなた方が全力で戦う時、何も恐れ
ることはない。私は常にあなた方を濃い緑の牧場に導こう。そこであなた方の霊は喜び歌うだろう。
私は決してあなた方を見捨てない。

 あなた方は私の霊を流した涙から生まれた沢山の宝石のちりばめられた天国の王冠を受けるであろ
う。何も恐れるな。ただ、私を信じなさい。

 1975年2月28日 ニューヨーク ベリータウン修練所にて
 

連休で久しぶりに自分のページをチェックして見ました。

 投稿者:管理人  投稿日:2007年10月 7日(日)23時58分28秒
  連休で久しぶりに自分のページをチェックして見ました。
それにしても、意外と不具合の多いのに気が付きました。
利用される方が、不具合を不具合として連絡いただければ、
直に直す事も出来るのですが、先へ先へと急ぐ性質の私は
そのとき良ければ後を振り返ることがありません。
 明日はそんな不具合を修正修復しようと考えています。
Link切れや、PWの不具合で誤りページしか出ないような
場所があれば・・発見されましたらお知らせください。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/mail_to2/mail_to2.html

 

144000の御礼

 投稿者:管理人  投稿日:2007年10月 6日(土)07時38分51秒
  藤原様からキャプチャーを送っていただきました。
ありがとうございました。
これを大切な一里塚として邁進したいと思います。
以下のURLにUPしてあります。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/144000/

 

144000の切番を踏んだ方へのお願い

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 9月16日(日)21時29分5秒
   2001年3月以来おかげさまで2390日あまり経ちました。約六年半ですね。

 その間いろんな場面に遭遇し、アルバムにしてみたり、御言を捜したり、書籍
の整理やあれやこれやの試行錯誤でしたが、かつてヨーロッパでの3年間日本語
の本を読む事の出来ない環境で苦悩した事を動機として、発信するさいサイトを
作ろうと思い立ち、少しづつ、倦まず撓まずの心でまいりました…‥‥。

 おかげさまでカウンターのヒット数も14万を越え144000に近づいており、カウ
ンターの下に【お知らせ】を書きました。「144000の切番を踏んだ方に是非キャ
プチャーをPrintScreenで保存し、送って頂きたく思います。」

一里塚として保存したいと思っております。切番の方、合わせて前後賞?の方に
も何かプレゼントを用意したいと思っています。(143999、144001)自然体でお
願いします。(このところ100~150のヒットで推移していますのでこの後10日間
ぐらいで来ると思われます)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/mail_to2/mail_to2.html
こちらか連絡いただければ折り返しご返事差し上げます。
 

写真拝見しました

 投稿者:チスオンマ  投稿日:2007年 9月16日(日)01時26分32秒
  こんばんは。始めて書き込みします。ビックマックのサインと足の写真拝見しました。  

「天宙天地真の父母祖國郷土還元安着と完成完結時代」宣布

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 9月 6日(木)06時46分9秒
  「天宙天地真の父母祖國郷土還元安着と完成完結時代」宣布
アラスカ コディアク ノースガーデン 2007年9月2日
 

「ジャルジンの風となり」歌とメロディーをUPしました。

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 8月16日(木)23時35分25秒
  What_New http://tm1800.hp.infoseek.co.jp/what_new.html に、案内しました。
「ジャルジンの風となり」 野崎悟良:作詞/作曲(オリジナル楽譜と歌詞)MP3
リー・セイコさんのアレンジの歌/原田一さんのアレンジ・メロディー付/なし(カラオケ)MP3
をUPしました。ぜひお聞きください。

http://tm1800.hp.infoseek.co.jp/what_new.html

 

裁判の流れを追う

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 8月13日(月)21時11分16秒
  父母様の入国禁止取り消し裁判

 ドイツ最高裁で勝訴

 「文師夫妻の入国禁止は違法」

 2007年7月29日、フランス政府が真のお母様のお名前をシェンゲンリスト(※)から削除したこと
が、複数のEU加盟国の政府担当者への聞き取りにより確認されたと、天宙平和連合(UPF)ヨーロッ
パ1地区事務総長のマーク・ブラン氏が発表しました。

 1995年11月9日、ドイツ政府が父母様の名をシェンゲンリストに記載して以来、11年9か月続いたEU
入国禁止措置が終わりを告げたことになります。

 実はこれに先立つ今年6月4日、ドイツ・ハイリゲンダムでのG8サミットの開催直前に、ドイツ政府
内務省が、父母様のお名前をシェンゲンリストからすでに削除していました。お父様のEU入国はこの
とき以来可能になりましたが、フランス政府が独自にお母様のお名前だけをリストに記載していたた
め、ご夫妻そろってのEU入国は、1か月遅れで独政府に続いたと見られる仏政府の措置により実現可
能になりました。

 今回の独・仏政府の措置は、昨年10月のドイツ連邦憲法裁判所(最高裁)が下した教会の主張を認
める差し戻し判決に端を発するものでした。この最高裁判決は、今回の訴訟の流れに決定的な転機を
もたらしました。また、直接的には、最高裁のこの判決を受けて、上級行政裁判所(高等裁判所に相
当)が今年4月に下した、「独政府による文師夫妻のシェンゲンリスト記載は違法」とする判決にド
イツ政府が従ったものです。


裁判の流れを追う

 裁判に平行して、EUに信仰の自由求める環境

 1995年12月、ドイツの統一教会は政府を相手に、ケルンの行政裁判所で父母様のお名前をシェンゲ
ンリストに記載していることについて、取り消しを求める裁判を起こしました。それに対して、98年
3月、ケルン地裁は教会の主張を退け、国の措置を合法としました。

 ところが、この年、独における信仰の自由にとって、重要な出来事が起こりました。96年、国会に
設置された、いわゆるセクトおよびサイコグループについての審議会が提出したリポートが、国会で
承認されたのです。宗教学者や社会学者などがまとめたリポートの結論は、「セクトと呼ばれるドイ
ツの少数の新興宗教グループが、社会に害を及ぼす危険な存在であるという一般的見方は、現時点で
は間違いである。むしろ大教会の手からもれた人々の心を支えるという有益な役割を担っている。マ
スコミなどが差別的な意味で呼ぶセクトという言葉は使用をやめるべきである。宗教的少数派の人権
も保障されなければならない」というものでした。

 さて、ケルン地裁の判決について教会は、コブレンツの高裁に上告しますが、98年12月、高裁はこ
の上告を却下します。教会はさらに上告、02年6月のコブレンツ高裁の最終判決では、教祖がドイツ
に入国できないことが、信仰の自由を侵害された根拠とはみなせないとして、教会の訴えはまたもや
却下されてしまいます。

 しかし、教会は、最後の手段として最高裁である連邦憲法裁判所に訴えを起こします。03年10月、
憲法裁判所は、重大な信仰の自由の侵害が見過ごされているケースとして、審査することを表明し、
06年10月、一転して最高裁による統一教会勝訴の判決となりました。

 最高裁での3年間の裁判期間中には、裁判に平行して、EU内で劇的な変化が起こっていたのです。

 英国の高等移民審査官が05年7月、英国政府の父母様の入国禁止措置を根拠のないものと断定した
のです。そして、ついに同年10月、英国内務省は入国禁止措置を解除し、1か月後の11月5日、お父様
のロンドン講演が実現しました。さらにその前後にはEU加盟国のオランダ、アイルランドなどが、シ
ェンゲンリストに父母様のお名前が記載されているにもかかわらず、入国ビザを出しました。

 このようにして06年10月、憲法裁判所が、「信仰の自由」を理由に文師のドイツ入国を認める環境
が、EU内に着実に整っていたのです。
 

感激!感動!凄すぎます!

 投稿者:大輪智子メール  投稿日:2007年 6月16日(土)15時39分52秒
  はじめまして。私は茨城県在住の大輪智子(3万双)と申します。
つい1ヶ月程前に、同じ米国宣教師の姉妹からUCMLの存在を教えてもらい、以来、毎日欠かさずチェックして見ておりました。世界中からリアルタイムで100%自主的に投稿される様々な内容に、いつも良い刺激を頂き、又、重大な情報も漏れることなく受け取ることができて本当に感謝しております。
つい数日前みは、ジャルジンの家庭修が再開されたという情報を得て、もうびっくり!
時の摂理の折にはどうしても乗る事が出来ずに、ここ2ヶ月程の間、ことあるごとに「ジャルジンに行きたかった」「ジャルジン、ジャルジン...」と、この文字が頭から離れなかったのです。まさか!再開されるとは!本当に驚きましたが、夫とその日の内に即断。何が何でも家族全員で行こうと決めました。韓国の仙和学園にお世話になっている中1の娘と、地元の中学に通う中1の息子、それから小6、小4の息子と、全員連れて行くことは我が家にとっては地球がひっくり返るくらいの一大決心です。しかし、ゴーワールドの赤沢さんに即電話して、ただ今チケットの手配中です。今、なかなかチケット自体が取れなくなっているとの事で、みんなで無事にジャルジンに到着することが、まず今の最大の難関です。
ふと思ったのですが、ジャルジン修再開の情報って、教区からの公文では未だに流れてこないのです。もしUCMLで見つけなかったら、私も全然知らずに再び、いや、永遠にジャルジン行きを逃していたかも知れません。そう思うと、本当にゾっとしますと同時に、食口全体に向けて情報を発信して下さった杉浦さんに心から感謝ですし、このようなUCMLの存在があって、それを教えてくれた姉妹にも心から感謝です。
それで、次に、ジャルジンについていろいろな情報を取り寄せようとした時、ファミリーや祝福家庭などのみ言をひっくり返して今朝も時間を費やしていたところ、またまた発見!
鶴谷さんの”marusumu.info”の文字に惹かれてホームページにアクセスしてみたら、
何と!こんなに凄い!サイトがあったのかと、もう本当に興奮するやら感動するやら、本当に本当に嬉しくて、大げさではなく感激して涙が出そうになりました。
そして、見つけました。み言検索ですよ。これこれ!
早速「ジャルジン」で検索すると、ある!ある!叫びたくなるくらい、ビッシリと、ジャルジンに関するマルスムが全て網羅されているではありませんか!
本当にありがとうございます!!!
これで、7月17日に日本を出発するまで、修練会に向けて心霊を整えて準備することが出来ます。鶴谷さん、本当にありがとうございます!
しかし、どのようにしたらこんなに凄い!ホームページが出来るのでしょうか。
女はその感動を絶対に自分一人の胸の内に納めておけない、おしゃべりせずにはいられない生き物です。鶴谷さんの凄い!ホームページの噂はまたたく間に世界中に(?)広まっていくことでしょう。
感動さめやらぬ大輪智子でした。
 

シェンゲンリストから消したという嬉しいニュース

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 6月16日(土)08時54分13秒
  昨日(14日)送られてきたオーストリアのナショナルリーダー Peter Zoehrer (ペーター ツェー
ラー)からのメールでの報告をそのまま訳して送ります。

「昨日、ドイツ内務省が 私たちの真の御父母様の名前をシェンゲンリストから消したという嬉しい
ニュースが届きました。
(我々のシェンゲン勝利のための40日精誠条件の終わった40日後です。)これは 御父母様はいつでも
ドイツに、そしてオーストリアにも入国することができるという意味です。今週末、勝利の祝いを
やりましょう。Peter Zoehrer (ペーター ツェーラー)」
 

シェンゲン問題に関しての速報

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 6月 7日(木)10時13分58秒
  「ドイツからの よいニュース!
ドイツ政府は 先回の裁判の結果に対して上告しなかった。上告できる期限は 昨日
で切れている。ということは ドイツ行政裁判所はドイツ政府に対して 文鮮明総裁
の名前をシェンゲンリストから消すように命じることができるということである。」
との情報が現地より6月6日の早朝は入ったそうです。これで、ヨーロッパへ、御父母
様が自由に入られるのも時間の問題になってきました。
 

梁昌植会長の5月17日大会の報告

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 5月23日(水)07時29分52秒
   5月19日にイースト・ガーデンでおこなわれた訓読会の席で、アメリカの梁昌植会長の「ワシントン
タイムズ創刊 25周年記念式」に関する報告が有りました。以下はPeaceTVに公開されている梁昌植会
長の報告の映像の翻訳です。38分間の報告時間の重要な部分の抜粋です。
-----------
*「梁昌植会長の5月17日大会の報告」 5月19日、イースト・ガーデン訓読会

 昨日(18日)、私達は行事が終わってから6時まで、顕進様と郭錠煥会長を中心として大陸会長た
ちの今までの評価会議と共に、来る7月の行事だとか、全般的な行事にたいする評価会議を長時間す
る様になりました。

 その中でもたくさん指摘されましたが、何よりも25年間、TFが1982年度に新聞を始められ、今日ま
で健在にワシントンで保守専門紙として、一番多く引用される新聞として、数多くの各分野のメダル
を受けながら、完全に既存新聞として落ち着いたという事、この25年の特別な意味は、他の会社の10
0年、250年の意味よりももっと大きな意味を持った物凄い大会でした。

 そしてこの大会を輝かせる範囲と程度が、今まで有った全ての因縁を全て集めて完全に集大成する
行事だったと思われます。

 内的にはTFのマルスムの宣布が本当に一番華麗で、革新的な今後行かなければならない更なる25年、
更には100年の大計のマルスムを下さいました。

 行事の外的規模もどの時よりも華麗でした。

 行事の場所は、ワシントンのナショナル・ミュージアムといってTFが世界平和家庭連合を創設する
時に使われたホールです。

 その時も、ブッシュ(前)大統領が来られ、フォード(前)大統領が来られ、更にレイガン(前)
大統領の娘さんが参席され、実に華麗なメンバーたちが来られました。

 イギリスや世界の頂上たちが来て世界平和家庭連合を創設する歴史的な大会が大変成功的におこな
われた非常に美しい建物です。

 まず今回の行事を光り輝かせる為に、全世界から約360名、400名に近い国際的なお客様が90カ国か
ら来ました。

 本行事の為に、前・現職首相、大統領だけでも10数人が来られ、現職上・下院議員、その下の重要
な国家の要職にいる責任者たちが今回大挙参席しました。

 それと、アメリカでの行事ですのでやはりアメリカでどの様な反応を起こすかが一番重要ですが、
今回やはり一番大きな白眉は現職大統領(祝電)と大統領の父親であり41代大統領であった父親のブ
ッシュ(前)大統領の直接的な参席でした。

 現職大統領は、とても良い祝いのメッセージを直接送ってこられ、国連事務総長も朱東文社長が直
接会い、本当に心よりの祝いのメッセージと共に多くの激励を送って下さいました。

 多くの既に予定されていたスケジュールの為に直接参席できませんでしたが、直接参席した様な思
いで熱い声援を送るすばらしいメッセージを事務総長が直接送ってくれました。

 それ以外に多くの各界各地のレターが来ましたが、その中で、今回非常に美しい場面のひとつは、
現在生きておられる方として非常に尊敬を受けておられる方の1人であるイギリスのサッチャー(前
)首相が本当に品格のあるローヤル・カラーの服を着られて、非常に真心を込めた言葉で、今回ビデ
オ・メッセージを通し、冷戦を清算するのにワシントンタイムズがどれ程寄与したのか、特にワシン
トンタイムズの創立者であられ創設者であられるドクター・ムーン(TF)がこの事の為に努力なされ
た内容を、非常に明確に説明する美しいビデオ・メッセージを送ってくれました。

 その次に、ブッシュ41代大統領が出てこられました。

 今後、時が経てば秘事が明らかにされる事と思いますが、本来、7時に本行事が始まりましたが、
その前に、3,40分間、TFと単独面談をなされました。

 先に来られて、TFから多くの摂理的な観点、アメリカが行かなければならない道、特別に歴史的な
外的摂理を担当するカイン側の家庭として国家を代表するブッシュ大統領の家門がしなければならな
いミッションをいろいろな側面からTFが滝の様にマルスムをお伝えになられました。

 これらの内容が本人に鑑となって、後で朱東文社長から話しを聞くと、帰りの飛行機の中で、再び
TFの内容を思い出しながら重要な核心的な内容が何なのかを本人が感じようと努力されたそうです。

 ブッシュ(前)大統領がWTの編集人の案内によって壇上に現れましたが、はじめから創設者であら
れるTFにたいする感謝、更にTFの努力なくしては新聞自体が存在出来なかっただろうと語りながら、
ワシントンタイムズに関して多くのジョークも語りながら聴衆たちをハッピーにさせ、とにかくワシ
ントンタイムズにたいする価値をもの凄く高める演説をしました。

 そして最後の辺で再びTFに感謝し、「レバレント・ムーンがいらっしゃらなければこの様な新聞が
生まれる事が出来るだろうか!」という内容を幾度も言及しました。

 (その場は)実に簡単な場ではないのです。儀礼的な挨拶だけをして帰ってしまいやすい場ですが、
今回は3、40分間先にTPに会っているので心情が復帰されて出てきたのです。 ですから演説をする
のに儀礼的なものではなく、オフィシャルなものではなく、心情から今回のワシントンタイムズの 2
5周年の創設に関する内容を話ししました。

 今回、歴代の大統領、レーガン大統領(生前に作成したビデオ)、ブッシュ大統領、イギリスのサ
ッチャー首相、国連事務総長、とにかく世界を導いていく、ミカエル・ゴルバチョフ、この様な最高
の指導者たちみんなが電文を送り、ビデオをおくり、そして直接ブッシュ(前)大統領が来られて祝
賀のメッセージを伝えてくれる最高の華麗な頂上級の祝賀使節団がその場に参席しました。

 みなさん、熱い拍手を送ってください。

 (今回)各界各分野から、1300の席ですが、その場を完全にうめて、後で3,400名以上が予約を超
えて入って来れない程度に満場盛況でした。

 ところで今回大きなハプニングが起こりました。

 ブッシュ(前)大統領の演説が終わった後、TFが登壇なされる順序でした。

 ところでTFにたいする紹介を誰がされたかというと顕進様がなされました。

 顕進様が出てTFにたいする紹介をなされたのですが、「栄光の王冠」の詩をまず紹介しました。

 最初はこの詩の著者が誰かは紹介なされないで、詩をよんだ後に、この詩の著者がファザー・ムー
ンであられると紹介しました。

 ところで残念なのは、TFをお迎えしようと顕進様が壇上に立たれたのですが、突然、TFがお出にな
られる時間になったのに、非常ベルがなりました。

 この非常ベルの音がどれ程大きいのか! 完全に大変な事になりました。

 普通、非常ベルがなれば、火事が起こったとか非常事態ではないですか。

 最初は聴衆たちも席に座っていたけど、続けて音がなるので、それでも式は進行させないといけな
いから進行させていると、後で消防法によって「安全退避をしなければなりませんので、みんな出な
ければならない」という指示が出されました。

 ですから皆さん想像して下さい。 本当の主賓の行事が残っているのに、TFがスピーチをなされな
ければならないのに、「全体が出なさい」と言うのです、放送で。

 アメリカ人は法を守り、ですから指示をすれば守らなければなりません。

 皆が出て行く途中でしたが、再び上部機関から「そこまで出て行く必要は無い」として、再び帰っ
てくる様になりました。

 既にこの人たちが出て行きながら、私達が準備していた贈り物をひとつずつ差し上げました。 で
すから出て行った人々が再び来るのは簡単ではないではないですか。

 再び急遽放送をして「帰って来て下さい」と話しをしました。

 TFも既に自動車にお乗りになられ、サイレンの状態がどこまで続くかわからないので・・・、この
全体の時間が10分,15分ぐらい経ったのかわかりません。

 とにかくどれ程いらだだしくもどかしいのか! この25周年、もの凄い京華の行事が一体全体どう
なるんだ・・・! 誰か悪さをしたのか?・・・

 その時にバージニア州知事もした上院議員が「みなさん、出ないで下さい! 私は出ません! 私は
国の重責を持ち引っ張っていく立法議員であり上院議員だが、私が出て行かないから出ないで下さい
」と真ん中のVIP席で座り続けていました。

 ずーっとベルは鳴るし、だからといって煙が出ているのでもないし、火事になったのでは無い事は
間違いありません。そこで急遽ターン社長がアナウンスをして「これは間違いですから心配なされな
いで、お慌てになられないで」と言いました。

 アメリカ人は9.11を経験しているので怖くなり、ベルが鳴りさえすればまず逃げはじめます。

 しかし安心させたので大きく動揺する事はありませんでした。

 ベルが静かになりはじめました。

 TFが再びお帰りになられて、待機室にいらっしゃり、TFが再び登壇なされる時には完全に雰囲気が
再び穏やかな中で全ての人々が集中出来る様になりました。

 私が見渡して見ると空席がありません。100%再び帰って来ました。

 そこでTFがマルスムを宣布なされました。

 TFがどれ程力強く語られたか!

 多くの人たちが「アボニムは88歳なのか?58歳なのか?」と混乱する程に熱情がどれ程強いか!

 私はTFのすぐ前のテーブルに座っていたのでTFのお顔がよく見えました。

 本当にTFは御健康でどれ程お声を強く出されるのか!

 深い腸から声を出しておられる様なマルスムで雰囲気を掌握なされました。

 そして通訳とのコンビもよく合い、TFのマルスムが通訳を通じていない様な伝達で人々の心を打ち、
全ての人々が起立拍手をして熱くTFに感謝いたしました。

 人々は行事の最後までひとりも帰らないで残られました。

 今回の大会では海軍のプロフェッショナルのクワィアーたちが制服を着て歌を歌ったり、今回の行
事はワシントンの外交界で時々おこなわれ行事の中で、一番最高の激賞の雰囲気の中でおこなわれま
した。

-------以上。
 

入国問題

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 5月23日(水)06時59分56秒
   昨年、ドイツで裁判に勝利し、TPの入国が可能になったと思った人がいたのではないでしょうか。
また今月も裁判に勝利し、今度こそ入国が可能になったと思っている人がいるのではないでしょうか。
FAXニュースでも、ピースTVでも、そのように報道されていますが、しかし、まだ入国できるように
なった訳ではありません。

 入国が禁止された1995年以来、政府との戦いは高等裁判所で行われてきました。最初は、我々には
裁判を行う資格すらないと言われ、門前払いの状態でした。それが昨年、最高裁が、入国禁止を正当
と見なす高等裁判所の決定は憲法違反である、という判決を下し、裁判を差し戻しました。

 そして(2007)5月4日、やり直し裁判の結果、高等裁判所において、入国禁止は違法であるとの判決
が出て、TPの入国は可能であると発表されました。長い戦いにやっと勝利したと、思ったものです。

 しかし三権分立が確立しているドイツでは、裁判所が例えそう言ったとしても、シェンゲンリスト
(ブラックリスト)に載っているTPの名前を政府が削除しない限り、入国は実現しません。

 今まで、「裁判勝利」を目標に条件を立てて祈ってきましたが、それが実現した今、我々の祈りの
内容は、以下の3点です。

①(政府側には1ヶ月の期間があるので)6月4日までに政府がこの判決に対して控訴しないように
②政府はシェンゲンリストからTPの名前を削除するように
③興進様、大母様、善霊の協助があるように

 早くドイツが名前を削除しないと、TP入国を別に問題としていない(協定に加盟している)他の国
々も、ドイツの故に、入国を認めることができません。さらに、現在はTPを歓迎している東ヨーロッ
パも、協定加盟国となれば、受け入れることができなくなります。
 

カイン・アベルに付いての御意見を頂きました

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月19日(土)23時09分17秒
   かつて70年代の後半、「信じて滅びよ!」というみ言が連発されていました。それで私はこのみ
言をさんざん探したのです。そうすると、有ったのがみ旨の道に「死んでも信じ、信じて滅びるなら
ば信じて滅びよう」というのがありました。
(1318 死ぬとしても信じて死に、滅びるとしても信じて滅びよう。祝福家庭と理想天国:三 カイン・
アベル 信仰生活)http://mmutyu.web.fc2.com/malsm/syuku_&_risoutengoku/006.html

 ここで極端に異なるのが最後の1文字です。

 「滅びよ!」と「滅びよう」では全く意味が違います。「う」の有無です。

 お父様は自らそのように生きた証として「滅びよう」という自分自身がそうなるという自らを模範
とする意味がこめられています。
 それに対して「滅びよ!」は、単なる命令、というか強要です。ここに天地の差があると思うので
す。

 言葉はそれを発する人の人格と心情で全く異なる結果をもたらします。それを多角的な立場で検証
していく作業は常に続けなければならいと考えています。

http://malsm.info/

 

明日5月20日、千葉~勿来へ

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月19日(土)22時55分25秒
   いよいよ千葉の倉庫が限界で取り壊しが始まるというので、場所探しに出かけます。

連休以後、二つの御言葉冊子、「絶頂を越えよ!」「指導者への御言葉第一集」を追加しました。
検索ではヒットしますが本文を読むにはPWがかかっています。初期の物なので荒い素描ですが、
味もあり臨場感が迫ります。777双の先輩、1800双の多くの方々の進行の背骨になっているような
み言ばかりです。若い兄弟にはぜひ読んでもらいたいですね。

http://malsm.info/

 

Press Release Nr. 18/2007-05-04

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 5月12日(土)13時07分36秒
  上級行政裁判所
2007年5月5日
ラインラント・プファルツ

Press Release Nr. 18/2007-05-04
上級行政裁判所判決;文師夫妻ドイツ入国許可される

世界的な統一教会創始者;文鮮明師とその夫人に対する入国禁止は不法である。コブレンツにあるラ
インラント・プファルツ上級行政裁判所によって判決が下された。そして統一教会は次のように訴え
ている。

文師は、統一教会の創始者であり、リーダーであります。中心となるフランクフルトにおいての大会
を開催する時に、“真の家庭と私”と題して講演を行なう予定でした。しかしながら、コブレンツの
国境管理当局(今連邦警察当局を改名した)は、シェンゲン協定(シェンゲン情報システム)の通り
に記載し、入国を禁止しました。原理運動が、若者達に危険が伴ういわゆる若者セクトと精神病者グ
ループに属しているという理由でありました。入国禁止に対しての初めの訴訟は不成功のままでした。
宗教の自由を守る権利が侵害されたので、憲法上の告訴の決めてとなる最高裁判所は、上級行政裁判
所の判決を覆しました。今しがた、別の上級行政裁判所の公聴会の後で、入国禁止の不法の判決を下
しました。

文師夫妻による訪問は、統一教会の見解によれば、極めて重要な宗教の意味を持っています。従って
それは宗教の自由を守ることができる。この基本的権利は入国禁止によって違反された。シェンゲン
協定による条件(入国を拒否するための)もドイツの入国管理法も満たされませんでした。シェンゲン
協定によると、入国拒否のためのドイツ記載項目は、基本的に他のシェンゲン26加盟国に入国拒否を
伴います。入国禁止は、単に公安と規則、或いは国家の安全にとって相当な危険であることを基本と
して実施することができます。そのような危険は、文師夫妻の訪問には、存在しません。宗教の自由
の厳粛な意義ゆえに、文師夫妻による入国は、ドイツの入国管理法によってさえも禁止することがで
きません。

http://malsm.info

 

シェンゲン裁判、完全勝利判決!

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 5月12日(土)12時57分6秒
  ドイツからの素晴らしい便り!!
シェンゲン裁判、完全勝利判決!

親愛なる副リージョナル。リーダー、
ナショナル・リーダー、UPF事務局長の皆様へ

 今朝、コブレンツ上級行政裁判所は、シェンゲン禁止令解除の為の、私達の裁判問題に関して、真
の御父母様は“ドイツに入国許可されるべきである」と真の御父母様に完全有利に、そして断定的に
言明し判決を言い渡したという大変素晴らしい御知らせと共に皆様に心からの御挨拶申し上げます。

 長い間このひどい不正に耐えられて、この結果として勝利基盤を築かれた私達の愛する真の御父母
様にそして、この時を迎えるために、ここヨーロッパのすべての人々の努力に対して力を与えて下さ
った宋会長御夫妻様に、そして、この結果をもたらすために断固として戦った12年、特に私達のドイ
ツのリーダー、メンバーの皆様に心からのお祝いを申し上げます。ヨーロッパにおける神様の摂理歴
史上、本当に素晴らしい日であります!

 それは勿論、真の御父母様が自動的にドイツにすぐに入国許可されることではありません。政府が
判決を要約し、彼らが現在取り入れることができる唯一の方向に真正面から取り組むには少し時間が
かかるかもしれません(裁判所は、どのような上訴する権利も否定したことに注意してください!)。

 その間に、私達は、気を緩めたり、熱心な「精誠」条件を緩めてはいけません。また、勿論、私達
は、すぐに得られるこの最終段階を迎えるために政治的圧力を加えることを継続するでしょう。私達
は、政府が正式にシェンゲン・リストを取り除き、無条件に、真の御父母様がドイツの法律の下で入
国可能になる瞬間まで、気を緩めるつもりはありません。

 ドイツ統一運動は、今日、追って新聞発表をするでしょう。また、すぐに、皆様にそのコピーを御
渡しできると思います。恐らく、英国でも発表することでしょう。どうか皆様の国でもそのようにす
ることを真剣に考えて下さい。ドイツ裁判所独自の新聞発表の翻訳を(下記参照)基本として発表す
る、又は、そのまま原本を発表する、現地語に翻訳する、そして、説明書きを添えることが出来ます。

 実際の判決文書は(それは30ページまで及ぶ)は公式翻訳者に渡されており、数日間のうちに英語翻
訳なされるはずです。現今では、ドイツ語(Fritz Pieperburg氏からのE-Mailコピー)の発表は利用
できます。

 もし私達自身で判決文書を書いていたなら、ほとんど良い結果は出されなかったでしょう。私達が
期待したより以上の説得力のある明確なものでありました。

 この素晴らしい勝利基盤を築くために全ての精誠を捧げて下さった皆様に(全ての兄弟姉妹の皆様
にも感謝しましょう)心から感謝申し上げます。

皆様に神様の恩寵がありますように!
敬 具
マーク・ブラウン

http://malsm.info

 

教会で記者会見の公式発表(4月20日午後3時)ハコブ協会長

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 4月23日(月)14時49分34秒
  教会で記者会見の公式発表(4月20日午後3時)ハコブ協会長


 世界平和統一家庭連合を代表してご挨拶いたします。

 今日は、我々家庭連合にとって、特に今日解放された家族や親族にとってとても嬉しい日でありま
す。

 即ち、太田氏の家庭にとっても、佐和子さんの家庭にとっても、ラモス B氏の家庭にとっても、
ナンシー ヒメネス先生の家庭にとっても、またその生徒達や、友人にとって、また国内外のメディ
アにとって、パラグアイ全体にとって、感動の日であります。

 長い闇と不安のトンネルの後、いうなれば嵐の後に、大きな新しい希望でもって全ての人の心を照
らす太陽が大パラグアイ国の上に現れました。

 今日、皆様一人一人に感謝の気持ちを分かち合う為に皆様に来ていただきました。

 まず、最初に永遠で全知全能なる神様に、このオディセアの末の良き結果に感謝したいと思います。

 現在、闘っている先祖や過去においてこのパラグアイの為に血を流した我々の先祖である善霊や高
級霊に対して感謝している次第です。

 また、とても大変な時において、無条件のサポートをして下さった、新聞、ラジオ、テレビの記者
の皆さんに特に感謝したいと思います。

 また、この事件を解決する為に、忍耐強い努力をして下さった警察の皆様に、感謝したいと思いま
す。

 また、最大限の努力をして下さったパラグアイ政府の皆様と大使館を通して努力してくださった日
本政府に対して感謝したいと思います。

 また、特に、パラグアイや世界のカトリック教会や様々の宗教界の皆様に、祈祷や断食などを通し
てこの事件の平和解決の為に支援してくださった事に対して感謝いたします。

 最後に、全てのパラグアイ人および外国の方々に感謝いたします。

 パラグアイ人は高貴な精神を持つ民族であり、このような行為はパラグアイ人の精神と反するとい
うことを知っております。

 より調和のあるパラグアイ、より平和なパラグアイ、より安全なパラグアイを建設する為に戦いま
しょう。

 我々の哲学、テクノロジー、政治、文化全ての力を結集してあらゆるパラグアイ人が誇れるような
パラグアイを築きましょう!

 最後に、我々家庭連合は、団体としてこの様な交渉が出来ないが故に、交渉や身代金の支払いをし
て下さった全ての被害者の友人や家族に対して感謝申し上げます。有難うございました。

http://malsm.info

 

ミリンゴ大司教、ジャルジンでミサと癒し

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 4月23日(月)14時38分21秒
  ◆◇◆< ミリンゴ大司教、ジャルジンでミサと癒し >◆◇◆
>
■ 参加者に数々の証し、そして涙

 エマニュエル・ミリンゴ大司教と宋マリアさん夫妻が4月7日、ブラジル・マトグロッソドスル州のジャルジン修練所(ニューホープ・プロジェクト)を訪問、ミサと癒(いや)しの儀式を行いました。病気や不幸からの解放を求める人々は、大司教のお父様やイエス様を証す言葉に耳を傾け、大司教が頭に置く手に涙を流していました。

 この日の早朝、朝日を受けて、何台ものバスが連なって、大平原にあるジャルジン本部に向かう壮観が見られました。本部側は当初、1500人の参加を見込んでいましたが、最終的にはジャルジン本部の講堂に入りきれない、2000人以上が集まり、近郊やバスで3時間以上かかる州都カンポグランジからの参加もありました。ミサには、地元の政治家や有力者をはじめ、カトリック教会に対し、結婚した聖職者との和解を求める組織は Married Priest Now(妻帯聖職者よ、今がその時だ)」に賛同するブラジルの元聖職者なども参加していました。

 ミサが始まると、現地カトリック教会の関係者や二世たちのコーラスが賛美歌と聖歌を披露、二世の歌声は参加者の感動を呼びました。

 ジャルジンの総責任者・金潤相先生があいさつし、聖火式が行われ、全参加者が聖酒を飲んだ後、カトリック式のミサが執り行われました。ミリンゴ大司教が説教を行い、「イエス様の人生は許しの人生でした。十字架の絶頂時でさえ、『彼らは何をしているのか、わからずにいるのです』と言ってすべてを許しました」「これから私は癒しを行いますが、憎しみの心を抱いている人はまず、許す心を持ってください。許す心を持てない人に癒しの効力はないのです」と癒しを受ける姿勢を訴えました。

 そのうえで、ジャルジン摂理について、「ジャルジン摂理はエデンの園を復帰する神様の大切な摂理です。ジャルジン・プロジェクトに反対する政治家たちの思うようにさせないでください」「民衆の代表たる政治家こそがジャルジン・プロジェクトを理解し、民衆に働きかけなくてはならない」と述べ、最後にはお父様について、「文牧師のことを悪く言ってはいけません。悪く言う人は癒しの儀式に参加する資格はない、この場から出て行ってほしい」とまで強く訴えました。

 ミサの後に行われた癒しの儀式には、その場にいたすべての人が参加、教会員、一般のキリスト教信者を問わず、長い列ができました。酷暑の中での儀式にもかかわらず、ミリンゴ大司教は何時間にもわたって最後の一人にまで精誠を尽くし、その姿に多くの人々が感動していました。 癒しについて、「いつも反発していた息子が、別人のようになっていた」「長く苦しんでいた病気が、神様の心情に出合う道だったのだと分かり涙が止まらなくなった」など多くの証しが生まれました。また、眼のガンで苦しんでいる二世の男の子も参加、両親の祈る姿に、家族の苦しみを知っている人々は涙を流していました。

 さらに、大司教が癒しの手を置くと涙を流す人も多く、スタッフは「大司教が語られたイエス様のみ言葉を通じて神様につながろうとするその姿勢に、キリスト教の基盤が強いブラジルの良さを見た思いがします」と感想を述べていました。(ジャルジン=N)

http://malsm.info

 

4月19日ドイツコブレンツにおけるシェンゲン法廷裁判について

 投稿者:ウナ  投稿日:2007年 4月23日(月)10時12分43秒
   <4月19日ドイツコブレンツにおけるシェンゲン法廷裁判について>

 これまで祈祷、断食をはじめ多くの条件を積んできた、食口の皆様の支援に心から感謝いたします。
また特に、この裁判に参加するために、遠くからわざわざ駆けつけてくださったメンバーに感謝いた
します。我々の弁護士の力の入った的確な応答や、政府側の弁護士が的を得た回答をすることができ
なかっとところに、皆さんと、霊界からの多大な協助を感じることができました。わたしは、たとえ
結果が期待していたほど明確な結果としてまだ報告できなくても、すべての条件の効果があったとい
うことを言うことができます。裁判官は判決を2~3週間で出すと言いました。

 このコブレンツの Upper Administrative Court(上位行政裁判所)からのレポートは、主にドイ
ツの家庭連合副会長、Fritz Piepenburg を基にしています・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 裁判の開始30分前には、部屋はミュンヘン、ニュルンベルグ、シュトッツガルツ、フランクフル
ト、デュセルドルフからの約25人のメンバーでいっぱいになった。前の席には、我々の弁護士、ド
クター クニッツルマイアー氏、ディータ シュミット氏、クリスチャン ハウスマン氏、ロバート
 ベンテレ氏(統一教会会長)、ペーター マイ氏 (副会長)と私(フリッツ ピッペンブルグが座
った。役員であるインゲ ソーゲニヒツ婦人とヒルデガルツ ピッペンブルグ婦人も同席した。後か
ら、真の御父母様をシェンゲンのリストに載せたことに対する抗議の第二審で我々の弁護士を勤めた
フランクフルトのマーコス クライン氏も駆けつけた。

 被告側の代表者は、とても若い(依頼を受けた法律事務所の)弁護士と、この件を担当しているド
イツ政府内務省の審議官であった。そのほか若い人たちが5名ほど法廷の後ろに座っていた。

 霊的空気は最初から我々側が支配していました。5名の裁判官には総議長がブンシェ女史、2人の
男性の専門の裁判官、2人の女性の参審員 (lay judges) がいました。私たちのうけた印象では、本
職の裁判官はかなり我々側に近く、参審員たちはおそらく統一運動の一般の悪いイメージに影響され
ていたようです。

 一人の裁判官が過去12年間に渡る、裁判訴訟の経過を報告した後、裁判所長が説明を始めました。
すでに5年前から知っている顔ぶれ(Dr.Knittlmayer, Christian Hausmann、Fritz Piepenburg)が
我々側にいて、相手側はすべて新顔であることを確認しながら。そして裁判所長は、法廷は最高裁の
決定を真摯に受け止めようとしているということを大まかに示唆しました。また、時代は大きく変化
し、彼女自身、宗教の自由や信仰の自由の価値を、最近多くの最高裁の判決で強調されたことですが、
認識するようになったことを認めました。さらに、裁判所長は、Dr. Knittlmayerが最高裁にいたる
すべての工程でこの件を導いたことについて祝う言葉をのべ、12年にわたる訴訟の後に、我々側が
それでも権利を得ることを待ち続けていたこと、この件についての最終的な結論を出すときが来たこ
とに言及しました。

 ブンシェ女史はそこで両者に2つのポイントコメントする機会を与えました。すなわち訴訟の法的
見解と訴訟のメリット(文総裁夫妻の入国の結果)についてです。


 1)法的見解

 政府は、シェンゲン立法は、国家立法の延長であり、それゆえに 国家法律の狭い解釈が基準にな
るべきであると議論した。それに対し、それに対し、統一教会側の弁護士は、それは全く正反対であ
ると議論した。政府側は、入国拒否は国レベルでの安全保障の関心ごとであるべきとの主張を繰り返
す。ここでのポイントは、統一教会側が、シェンゲン国の中で、デンマーク、ベルギー、オランダ、
アイスランドの国々が、文総裁夫妻に特別の入国許可を出したのに対し、ドイツだけが、執拗に入国
を拒否し続けていることにたいする理由を政府側に求めたものでした。

 (専門の裁判官は明らかに、政府側ではなく、我々の弁護士の主張する筋を受け入れているようで
あった。)


 2) メリットについて(文総裁夫妻の入国の結果)

 総議長はたいへん効果的に政府側に質問を提示しました。「政府側の考えでは1995年に Rev.
Moon が入国の許可を与えられていたらどんなことがおきたのか」言い換えればドイツ政府の恐れは
正確になんであったのか?この質問の提示は、2002年の公聴会のときの提示の方法とは意義深い
違いがあります。5年前は、創設者夫妻の訪問がどういう意味を持つのかと我々に質問されたのであ
りました。政府側はこの質問に対し、納得させる返事をすることができませんでした。政府行政局が
家庭省の依頼で90年代の初めに作成した小冊子を持ち出すことしかなかった。(この小冊子に関し
ては、その真偽は既に明らかにされ、これには触れないことに話しが着いているのにも関わらず)

 統一教会側の弁護士は、それに対し、30年前のことを、現時点のこととして仮定、主張すること
はできないと断言した。政府側は、統一教会に対する新しい認識を示すものをもちあわせていないこ
と認めた。統一教会側の弁護士は、政府側は国の安全と秩序の為に外人の入国を注意深く拒否し、こ
の件に関する決定を保留させるだけのものでしかないと主張。

 総議長はその後、裁判を早急に終わらせることを示し、2、3週間後に判決が出ることを告示した。

 Dr Knittlmayer はこのようにして、最終判決は我々の望むようになることを確信した。唯一の問
題は、どのくらい強力で明確に決するのか、そして政府が、早期に名前をリストから削除することで
この裁判が終了することが我々の最良の利益であることを認識できるぐらい十分に強力であることで
ある。

 このようにして、公聴会は我々が望んでいた通りになったといっていいでしょう。しかしながら、
勝利を最終的に手にするまでは休むことはできない。熱心な「精誠」条件をそれまで立て続けること
が必要です。宋会長が韓国から戻ってきて、この状況を認識したなら、疑いもなく、あらためて我々
に努力を続けてほしいと願う特別な指示を与えるでしょう。さらに我々は明確な広報 (media) プラ
ンを用意し、同時にトップの協力者たちが、ドイツ政府側が、適切で高潔なことを行い、すぐに‐今
年の夏に真のお母様がシェンゲン参加国を訪問できるよいタイミングで‐リストからはずすように説
得するように渉外する用意をするようになります。

 皆様のこれまでの裁判にたいする強力な協助や支援にあらためて感謝申し上げます。今後も顕著な
進展について報告を続けていくつもりです。

 MARK BRANN UPF Secretary General, Europe One Region

http://malsm.info

 

霊界の実相と地上生活・合本版

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 4月12日(木)22時22分5秒
  検索に「霊界の実相と地上生活・合本版」1、2巻を追加
李相軒先生が霊界から送ったメッセージ

http://malsm.info/

 

報告:小坂由紀子姉のお花料の事

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 4月10日(火)09時04分58秒
  写真を用意しました。DL用に219KB
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/kosaka/yukiko.html
■4月1日まで届いた分をお届けしました。報告書の位取りが間違っていますが
よろしくお願いします。(申し訳ございません)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/kosaka/ohana_ryou.html
東志成君は40日以内の清平へ行く事を考えているようです。

http://malsm.info

 

小坂由紀子姉へのお花料の報告(5)

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 4月 4日(水)21時26分10秒
  4月4日受け分
-----------------
東京都  小林育三

敬称略
速やかにお届させていただきます。有難うございました。

http://malsm.info/

 

小坂由紀子姉へのお花料の報告(4)

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 4月 2日(月)18時43分59秒
  4月2日受け分
-----------------
北九州市  上田ヨシミ

敬称略
速やかにお届させていただきます。有難うございました。
管理人への連絡はこちらをご利用下さい。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/mail_to2/mail_to2.html

http://malsm.info/

 

Today,Yesterdayのカウンターが壊れた

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 3月31日(土)18時01分33秒
  昨日の夜中から「Today,Yesterdayのカウンターが壊れた」
Yesterdayのカウンターが0000になって動かない。
eztod.cgiの桁数がいつのまにか書き換わっていた。いじった覚えが無いのに~!
桁数を直したら、Yesterdayは直ったが、Todayが初期値0000になってしまった。
その後カウントは動いているようだ。しばらく様子見。

http://malsm.info/

 

小坂由紀子姉へのお花料の報告(3)

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 3月30日(金)12時05分31秒
  3月30日分
-----------------
東京都  東・若松
横浜市  中臣 功
町田市  畠中通孝
熊本市  浅井誠次・雅子
東京都  飯山善弘

敬称略
速やかにお届させていただきます。有難うございました。
管理人への連絡はこちらをご利用下さい。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsurugai/mail_to2/mail_to2.html

http://malsm.info

 

レンタル掲示板
/4